ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • handy Japan(株)  無料スマホ「handy」、日本版DMO、復興支援ホテルと連携 地域情報発信のプラットフォームとして観光地域づくりを支援
handy Japan(株) 

無料スマホ「handy」、日本版DMO、復興支援ホテルと連携 地域情報発信のプラットフォームとして観光地域づくりを支援

【週刊ホテルレストラン2017年12月01日号】
2017年12月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 客室備え付け無料レンタルスマホ「handy」を展開するhandy Japan(株)は、日本版DMOである一般社団法人宮城インバウンドDMO、(株)バリュー・ザ・ホテルと連携の上、地域の情報発信およびPRを行なう。地域情報発信のプラットフォームとして、観光地域づくりを支援していくとしている。

◆取り組み背景
 これまでhandyJapanは、訪日外国人旅行者の受け入れ環境が十分ではない日本の現状において、宿泊施設を通して、無料無制限の電話やインターネットを利用できるスマートフォンを提供し、課題解決に取り組んできたとしている。「handy」の国内契約数は17万台を超え(2017年11月末現在)、日本における新しい通信インフラとして普及を見込む中、今後は宿泊施設に加えて地域との連携の強化を図り、魅力的な観光地域づくり、ならびに、日本の観光立国の支援をしていくとしている。

◆取り組み概要
 客室備え付けスマートフォン「handy」を通して、日本版DMOと連携の上、宿泊客へ地域の情報発信/PRを行なう。取り組み第一弾として、一般社団法人宮城インバウンドDMOと連携し、2018年1月15日よりインバウンド誘致を目的としてhandyを設置するバリュー・ザ・ホテル仙台名取(支配人:栗和田彰一)より実施する。 宮城インバウンドDMOのWEBサイト「Miyagi Explore」との連携や、プッシュメッセージによる地域情報の発信を図るとしている。

■handy連携画面イメージ

■宮城インバウンドDMO概要
商号 一般社団法人宮城インバウンドDMO
所在地 宮城県伊具郡丸森町字下滝12番地
設立年月日 平成29年3月17日
代表者 代表理事 齋藤 良太(さいとう りょうた)
代表理事 太見 洋介(ふとみ ようすけ)
事業内容 宮城県南4市9町における、インバウンド観光プロモーション業務、
インバウンド観光インフラ整備業務、行政が設置する協議会事務局業務、
その他関連業務。
 
■バリュー・ザ・ホテルグループ 概要
商号 株式会社バリュー・ザ・ホテル
所在地 宮城県名取市上余田字千刈田555-1
設立年月日 平成19年4月4日
代表者 代表取締役社長 高倉 茂(たかくら しげる)
事業内容 宮城県・福島県における復興支援*6ホテル1714室の運営、その他関連事業
*平成29年12月18日開業予定のバリュー・ザ・ホテル楢葉木戸駅前を含む。
 
■handy Japan 概要
商号 handy Japan 株式会社
所在地 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル6階
設立年月日 平成28年12月2日
代表者 代表取締役社長 勝瀬 博則(かつせ ひろのり)
事業内容 電気通信事業並びに情報通信サービス、情報処理サービス及び情報サービス、業務モバイル端末等の動産の賃貸

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE