ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • スペシャルインタビュー  ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ ボドゥセック 氏
スペシャルインタビュー  ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ ボドゥセック 氏

チャレンジ精神とともに楽しみながら前進 ホテリエとしての直感とスキルを磨く

【週刊ホテルレストラン2017年12月01日号】
2017年12月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ペニンシュラ東京 総支配人
ソーニャ ボドゥセック 氏

Sonja Vodusek オーストラリア出身。ブルーマウンテンインターナショナル ホテルマネジメント スクールでホテルマネジメントの学位を取得後、ロイヤルメルボルン工科大学で企業経営学を修了。大学時代には、約半年間、東京のシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのルームアテンダントとしてトレーニングを経験する。大学卒業後、約16 年間にわたり、プラハ、ワシントンDC、ヒューストン、東京、アイルランドのダブリン、シドニーに位置するフォーシーズンズの宿泊部門をはじめとしたラグジュアリーホテルにおいて経験を積む。2010 年9 月、ホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラニューヨークに入社。11 年4 月、ザ・ペニンシュラマニラの総支配人に就任。15 年12 月15 日より現職。

今年9 月に開業10 周年を迎えたザ・ペニンシュラ東京は、フォーブス・トラベルガイドで2016 年から2 年連続5 つ星評価を獲得するなど、国内ラグジュアリー市場をけん引する存在。その舵を取るのが2015 年末に総支配人に着任したソーニャ ボドゥセック氏だ。本誌では、都内ラグジュアリーホテル初の女性トップとしても注目されるボドゥセック氏の新連載エッセイが2018 年1 月号よりスタート。ルームアテンダントから始まり総支配人として今日に至るまでのユニークな経験談を交えながら業界を超えた読者へのメッセージを綴る。抱負と展望をボドゥセック氏に聞いた。

極的に前進してキャリアを切り開く

❐ ホテル業界に入り12 年という短期間で総支配人となった背景には、どんな秘訣があったでしょうか。


 これまで話をいただいた仕事を断ったことはありません。与えられたチャンスはすべて引き受けながらキャリアを積んできました。誰かに何かを言われるのを待たず自分から次へ次へと求めていった結果、今があります。

 好きな言葉は「求めなければ知ることもなく得ることもない」。キャリアは自身で決めるものだと思っています。待つだけでは何も起きず、「積極性がない」と評価されてしまう可能性があります。現状に満足できないなら絶えず何かを探求し学んでいくこと。優れた人材は常に求められているので、それに対し自分がどういった方向性で発展し成長していけるのかどうか見極め、キャリアを推し進めることが大切だと感じています。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE