ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 第10回  今日は“ 人” が多いね、なぜ同じ人なのに区別するのか ~部門間にそびえ立つ高い壁はナンセンス~
第10回 “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」

第10回  今日は“ 人” が多いね、なぜ同じ人なのに区別するのか ~部門間にそびえ立つ高い壁はナンセンス~

【週刊ホテルレストラン2017年12月01日号】
2017年12月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱オータパブリケイションズ 執行役員 山下裕乃

「今日は“人”が多いね」という声を週末の東京・銀座や原宿など、国内外の各地から大勢の観光客が集まる街を歩いているとよく耳にします。そのたびに“なぜ人が多いね”と言うのか疑問に感じます。だって皆、歩いているのは大半“人”です。もし、クマやライオンが人間と同様に街を歩いていたとしたら“人”という区別は成り立ちますが、そう言っている人も人。それなのにどうして“人”と敢えて区別をするのか分かりません。


 おそらく外国人であれば“わぉ!”と感嘆の声を上げたり、“大勢いるね”という具合にあえて“人”ということはないのでは?と思います。もちろん、これは私の憶測であり、もしかしたらそう言っているのかも知れません。いずれにしてもここに日本人のコミュニケーションの弱さやどこか何かを差別している感を拭えないのです。

 ホテルも然り。相変わらず部門間の壁が高く、分厚いです。同じホテルで勤めていながらなぜ部門間の高い壁があるのでしょうか。ときには何か不足しているものを緊急で補充しなければならないとき、ほかの部署ではしらん顔。“それはうちの部署で調達したものだから”ということのようです。とても不思議です。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月10日号
2018年08月10日号
本体3,200円(税込)
【特集】ホテルブランドの最先端を追う

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
(株)ドンキホーテホールディングス  (仮称)「渋谷区道玄坂二丁目開発計画」概要発表、11〜28階にホテル入居
(株)ドンキホーテホールディングス 
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版) 20代後半、30代をどう過ごすか? ~キャリアの大きなターニングポイントの過ごし方
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版)
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル  国内外で初となるライフスタイルホテルの新ブランド「ニッコースタイル」『ニッコースタイル名古屋』 2020年に開業
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル 
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 岡山寛氏が優勝  Hennessy X.O.カクテルコンペティション2018
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 
CLOSE