ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 桐明幸弘 大山美和  「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載2 旅館業を取り巻く外部経営環境、旅館内部の経営課題
連載2 桐明幸弘 大山美和  「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~

連載2 旅館業を取り巻く外部経営環境、旅館内部の経営課題

【週刊ホテルレストラン2017年11月03日号】
2017年11月03日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社インテグリティサポート 代表取締役社長  桐明幸弘 ネクストステージ・コンサルティング 代表  大山美和
株式会社インテグリティサポート 代表取締役社長  桐明幸弘 ネクストステージ・コンサルティング 代表  大山美和


 連載の最初に当たって、まずは我々の提唱する「地域一体再生」とは何かをお伝えしたいと思います。この言葉は、桐明が監査法人トーマツにおいて事業再生支援を専門とするサービス部門を立ち上げた直後から、特に地方の旅館業の再生に関して提案し、本誌でも2005 年に発表させていただいたものですが、その後広く使われる言葉となり、このほかにも「面的再生」なども同じような意味で使われています。今回は、あくまで旅館事業の承継のための地域一体再生をきちんと定義させていただきたいと思います。これによって、日本政府のかかげる「地方創生」に繋がることを読者の皆様に認識していただければ大変幸甚です。

 さて、私どもは、この枠組みが旅館を中心とした日本独自の文化やサービスを「売り」とする、地域が一体となったツーリズム産業を展開するための「地域一体再生スキーム」となると申し上げました。では、現在その旅館業の経営上の課題はどんなものがあるのでしょうか。なぜピーク時は全国で7 万軒を誇っていた軒数が半減してしまったのでしょうか。ある専門家に聞きますと、このまま何もしなければ旅館軒数は1万軒以下となるという予想をされています。これでは、とても観光産業の中心となることはできません。まずは、旅館業が抱える共通の経営上の課題をみていきます。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE