ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する!  第26回 Labor cost №1 レイバーコスト №1
第26回 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する! 

第26回 Labor cost №1 レイバーコスト №1

【週刊ホテルレストラン2017年11月03日号】
2017年10月31日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹

〈Profile〉五十嵐マネジメント・サポート代表。大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。その後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を元にプロ経営者としての道を歩む。2005 年㈱ジャパンフードシステムズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12 年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインターナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)に就任し各社の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。
http://www.igarashi-ms.co.jp/

数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。

レイバーコスト(人件費管理)

 われわれの仕事は、労働集約型の産業で、多くの人の労働によって経営が成り立っています。しかし、人が多くいるからといって人を多く投入すれば、途端に人件費は膨れ上がり、その結果利益が出なくなってしまいます。逆に、人がいないからと、不足した状態で営業を続ければ、お客さまの満足と感動を得ることができず、やはり最終的には利益が出なくなります。そこで、お客さまの満足と感動、そして、店の収益を一致させなくてはなりません。ですからレイバーコスト(人件費管理)は、単なる時間削減では決してありません。もちろん、レイバーコストには、いろいろな施策があります。特に、人不足が急速に進行化するこれからの時代においては、働き方改革とも連動させる必要があります。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE