ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • HOTERES EYE ALEXANDER'S STEAKHOUSE(東京・汐留) サンフランシスコ発の高級ステーキハウス 東京店ならではの食材やテイストも訴求
HOTERES EYE ALEXANDER'S STEAKHOUSE(東京・汐留)

サンフランシスコ発の高級ステーキハウス 東京店ならではの食材やテイストも訴求

【週刊ホテルレストラン2017年05月19日号】
2017年05月19日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーロインとフィレが一緒に味わえる熟成T- ボーンステーキは、ブランデーグリーンペッパーソースがよく合う。香草サラダをのせたスペシャリテ
サーロインとフィレが一緒に味わえる熟成T- ボーンステーキは、ブランデーグリーンペッパーソースがよく合う。香草サラダをのせたスペシャリテ

 ㈱M·R·S は、アメリカ・カリフォルニア州クパチーノに本店のある高級ステーキハウス「アレクサンダーズステーキハウス」の日本1 号店を2016 年11 月に汐留シティセンター42 階にオープンした。2011 年から3 年連続ミシュラン1 ツ星を受賞し、数々の料理やワインの賞を受賞している同店が東京進出して4 カ月後の現状をジェネラルマネージャーの丹保雅章氏に聞いた。
 
「当店はステーキをメインとしていますが、和のエッセンスを取り入れた料理にも特長があります。日本の食材を取り入れたアペタイザーや、魚介類を使った軽やかなメニューは、フランス料理と評されることもあります。ここ日本1 号店では、エグゼクティブシェフのジエームス・ブラウンスミスが旬の素材を生かした四季を感じる新メニューを創り、繊細な盛りつけで女性客に喜ばれていますので、さらに訴求していきたい。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年07月28日号
2017年07月28日号
本体1,600円(税込)
【特集】厨房の働き方改革
【トップインタビュー】
山の上ホテル 取締役総支配人 中村 淳 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE