ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 東日本旅客鉄道㈱  ホテルメッツ秋葉原(仮称)建設着手「2020年頃までに1万室超のホテルチェーンを目指す」
東日本旅客鉄道㈱ 

ホテルメッツ秋葉原(仮称)建設着手「2020年頃までに1万室超のホテルチェーンを目指す」

2017年05月10日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 以下、リリースのとおり。
 
○JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ~限りなき前進~」の中で「地域に生きる」を使命とし、「駅を中心とした魅力あるまちづくり」の一環として、駅周辺での生活サービス事業を展開しております。
○JR3路線の他、東京メトロや都営地下鉄、つくばエクスプレスが乗り入れ、観光やビジネスの活動拠点としてもご利用いただきやすい秋葉原駅隣接地で、秋葉原の玄関口にふさわしい魅力とにぎわいの創出を目指し、「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手することといたしました。
○鉄道事業や地域との連携を引き続き強化し、出店エリアの拡大などを含めた積極的な開発を推進することで、2020年頃までに10,000室超のホテルチェーンを目指してまいります。
 

1.「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」について
急増している訪日外国人旅行者にも人気の秋葉原の玄関口にふさわしい利便性と快適性を備えたホテルを秋葉原駅に隣接して、建設します。

【主な特徴】
・全客室に洗い場付きの浴室を導入し、旅行の疲れを癒す快適な客室空間をご用意します。
・一部の客室には、線路を見渡せるビューバスタイプや、長期の滞在にも快適にお過ごしいただけるテラス付ルーム(4室を予定)など、お客さまの多様なニーズにお応えします。
・ホテルロビーには、ラウンジを併設し、客室以外でもくつろげる空間をご用意します。
・低層階には、ご宿泊のお客さま以外もご利用いただける利便性の高い店舗を設けます。

【計画地】
 
 
【施設概要】
(1)    開業時期    2019年秋(予定)
(2)    工期    2017年5月頃~2019年秋(予定)
(3)    所在地    東京都千代田区外神田1丁目17番地6号
          (秋葉原駅電気街口徒歩0分)
(4)    敷地面積    約1,070㎡
(5)    延床面積    約6,600㎡
(6)    構造    鉄骨造、地上9階
(7)    用途    ホテル、店舗(レストランなどを予定)
(8)    客室数    196室(予定)
         シングル(約17㎡)151室、ツイン(約23㎡)43室、ダブル(約21㎡)2室
(9)    設計会社    株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所
(10)    施工会社    東鉄工業株式会社
(11)    運営会社    日本ホテル株式会社

 


2.今後のホテル展開について
今後は、当社エリア内に限らず積極的な新規展開を行い、現在43ホテル(6,293室)から2020年頃までに約60ホテル(10,000室超)のホテル展開を目指します。
 
 
【今後の開業予定施設】

当面のホテル計画 室数 開業日
ホテルメトロポリタンさいたま新都心 157室 2017年6月13日
ホテルメトロポリタン仙台イースト 282室 2017年6月19日
ホテルドリームゲート舞浜別館(仮称) 80室(予定) 2017年度冬(予定)
ホテルメッツJR船橋駅前南口駅ビル(仮称) 161室(予定) 2017年度末(予定)
竹芝ウォーターフロント開発計画 265室(予定) 2020年春以降(予定)
川崎駅西口開発計画 300室(予定) 未定
 
東日本旅客鉄道㈱
http://www.jreast.co.jp/
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE