ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 加藤 淳子  ウエディングプランナーの役割 第21 回  洋服は相手への敬意表現、外交やビジネスにおいて威力を左右
第21 回 加藤 淳子  ウエディングプランナーの役割 

第21 回  洋服は相手への敬意表現、外交やビジネスにおいて威力を左右

【週刊ホテルレストラン2017年04月21日号】
2017年04月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ティーライフ環境ラボ 代表取締役
ティーライフアカデミー校長
ANA クラウンプラザホテル京都 ブライダル担当顧問
トータルライフコンシェルジュ
加藤淳子氏

 
10 年間ブライダル専門学校の講師を経験し、数多くのウエディングプランナーを養成してきたのが、トータルライフコンシェルジュとして活躍中の㈱ティーライフ環境ラボ 加藤淳子社長だ。指示待ちの若者が増えている中、“ 教えれば熟す器用は持ち合わせている”という信念のもと、さまざまな視点から人材育成に向けた連載を6 月3 週号よりスタート。「ウエディングプランナーの心構えのリニューアル必須」を題材に書き上げていただいた。
 

 
 ドレスフォーサクセスDress for Success という言葉がありますが、直訳すると「成功のための洋服」です。
 
 つまり洋服も相手への敬意表現であり、外交やビジネスにおいては、その結果を左右するという威力を持っています。
 ケネディ大統領政権中時代からホワイトハウスの儀礼・儀典マナーの責任者だったレティシア・ボルドリッジ(アメリカ人のマナーの家元)は次のように述べています。
 
『装いには、(これが正しい)と言う服装と(これは明らかに間違っている)との間に(違っているが許せる)(どちらかというとふさわしくない)という曖昧な部分があり、これについては体験から理解する以外になく、たかが服装と思われるかもしれませんが、服装の約束事を知らなければ若いエグゼクティブのキャリアに支障が生まれるくらい、大事な事なのです』と言われています。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE