ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒント満載! フラワーアーティスト KAORUKOの世界に乾杯 第十四回 何がおきるか分からないSNSの時代に⑴
第十四回 ヒント満載! フラワーアーティスト KAORUKOの世界に乾杯

第十四回 何がおきるか分からないSNSの時代に⑴

【週刊ホテルレストラン2017年04月21日号】
2017年04月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KAORUKO
プロフィール
ブライダルフラワーの第一人者として時代をリード。2 万組のオリジナルウエディングの実績をもとに、花のみならずプロデュースとしてのホテル式場のコンサルやプランナー教育も手掛ける。「ゆれるブーケ」は美意識の高い女性に圧倒的な支持、多くの女優の花を手掛ける。東レPPO テニスにおいては皇族ご臨席の際の花をアレンジした。東京・銀座5 丁目とバリ島の「ザ・リッツ・カールトン・バリ」にKAORUKO フローリストをかまえるほか、「徹子の部屋」出演などテレビや女性誌でも特集されている。

 あのピコ太郎も一夜にして世界的なスターになりました。まさに何が起こるか分からない時代です。これがSNS の威力、SNS は情報発信に欠かせないツールです。この連載で以前書かせていただきましたが、すでに欧米では5、6 年前にはSNS による産業革命が起きているとロンドンのスタッフから進言を受けました。
 
 海外では単に自分の記録を発信する日記的なものではなく、ビジネスの場面でSNS が活躍しています。従来であれば高額な宣伝費や紙媒体を投資して自社の商品やサービスの素晴らしさをアピールしていましたが、もはや掌の上からの情報発信時代。それ専門に請け負うSNS 代理店もすでに多数である欧米、ですが残念ながら日本はなぜおくれてしまうのでしょうか? 私の店のあるバリ島のインドネシアでさえも日本より進んでいるというのは過言ではない現実を見せつけられたことはすでに書きました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE