ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2017年新年号 特集Ⅰ「わが社の10年後」  Vol.41  ㈱ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄 氏
Vol.41 2017年新年号 特集Ⅰ「わが社の10年後」  Vol.41  ㈱ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄 氏

世界のお客さまを魅了できる外食企業へ

【週刊ホテルレストラン2017年01月06日号】
2017年01月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄 氏
㈱ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄 氏

 
 ワンダーテーブルは、卓越したブランドとホスピタリティーを武器に、グローバルな展開をしていきます。店舗展開は、海外の素晴らしいブランドを国内で展開する「インバウンド」、当社が独自に創って国内で広げていく「ドメスティック」、そして当社が創ったブランドとノウハウを海外に広げていく「アウトバウンド」の三つの手法で進めます。
 
 また、展開するブランドは、「有望なニッチ市場でトップになれるブランド」を集中的に展開していきます。「高い専門性」と「ちょっとユニークな体験」を兼ね備えた、他社には真似のできないブランドを新たなニッチ市場で展開していく、そんなブランド展開がワンダーテーブルらしさを形成すると考えています。
 
 人材では、「かしこい人」であることを採用基準にしています。ただ「賢い」だけでなく、①感謝できる人、②親切にできる人、③好奇心を持てる人、④飲食が好きな人、の四つの基準(私たちは“ ホスピタリティーの種” と呼んでいます)を満たしている人を採用します。知識技術の習得は後からでも可能と考え、人が好き、飲食が好きといった人間性を重視した採用基準となっています。採用後は、ワンダーテーブルカレッジと呼ばれる研修制度に基づき、当社での仕事の仕方を学ぶ座学研修や農業研修・ワイナリー視察といった体験型研修、また、店舗でのOJT やロールプレイングといったトレーニングを通じて、ホスピタリティーとマネジメント能力のある人財を育てていきます。
 
 それにより、卓越したブランドとホスピタリティーで世界のお客さまを魅了できる外食企業を目指し、10年後には、アジアを代表するレストランカンパニーにしていきたいと考えています。
 
㈱ワンダーテーブル
http://www.wondertable.com/

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE