ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • Wプロフェッショナルズ  第67 回  日本綜合テレビ㈱ 取締役社長 一色 德宣 氏 × ㈱フェイス 福永 有利子 氏
第67 回 Wプロフェッショナルズ 

第67 回  日本綜合テレビ㈱ 取締役社長 一色 德宣 氏 × ㈱フェイス 福永 有利子 氏

【週刊ホテルレストラン2017年03月03日号】
2017年03月03日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
㈱フェイス 代表取締役 福永 有利子 氏
㈱フェイス 代表取締役 福永 有利子 氏
日本綜合テレビ株式会社 取締役社長 一色 德宣 氏
日本綜合テレビ株式会社 取締役社長 一色 德宣 氏

ウエディング映像企業として約40 年、業界に貢献しているのが日本綜合テレビ㈱だ。現在は国内にとどまらず、同社の脇山代表が海外の花嫁にも私たちのウエディング映像をお届けしたいという思いでニューヨークにウエディング映像会社を設立し、積極的に海外展開をしている。ウエディング業界に限らずサービス産業において労務管理の是正が求められている中、2015 年より国内において労働環境改善に着手したのが2015 年取締役社長に就任した一色德宣氏だ。
 
 
福永 ウエディング業界はじめ、サービス産業界において労務管理の早急な改善が求められています。特にウエディングのハイシーズンには早朝から深夜まで結婚式に向けたさまざまな作業や当日の準備に追われてしまいます。必然的に残業時間が増えるとともに、ハイシーズンでなくても、週末は早朝から深夜まで会社にいることが当たり前という風潮が蔓延しています。最近は人手不足も重なり、労働環境改善の必然性は理解していても、なかなか踏み切れないのが実情です。その様な状況下、御社は、労働環境改善に力を入れていると伺いましたが、どの様な取り組みをされていらっしゃるのでしょうか。
 
一色 おっしゃる通りで当社も3 年前までは早朝から深夜まで働くのが当たり前という空気感がありました。まさに悪しき業界の常識です。健全で発展的な企業成長のためにも、働く者の労働環境を改善していかなければ、企業の未来はありません。活気ある職場を作り上げていくためには、企業理念の教育の徹底を図り、皆で一丸となって同じ方向を向かせることです。一生に一度という本当に素晴らしい、何回列席しても感動する結婚式に携わっている自覚と誇りを持ち、活き活きと仕事に専念できる環境を整えていくことを私や管理職の使命とし、2 年前より労働環境改善に着手しました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年07月28日号
2017年07月28日号
本体1,600円(税込)
【特集】厨房の働き方改革
【トップインタビュー】
山の上ホテル 取締役総支配人 中村 淳 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE