ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • あなたならどうする? キャリアデザインは口に出して言え 福永健司のキャリア論
第三十一回 キャリアデザインは口に出して言え 福永健司のキャリア論

あなたならどうする? キャリアデザインは口に出して言え 福永健司のキャリア論

2017年02月27日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 簡単に言うと部門長になりたい現マネージャーの方がいたとしたら今の段階で部長の仕事、あるいは判断ができないと部長にはなれませんし、部長にはしません。
 
「役職がないとできない、やらない」、「経験がないから分からない、できない」というのは厳しい言い方ですが言い訳です。それでは部長をしたことがない方は部長にはなれません。部長になってから部長の仕事するのでなく今、部長の仕事をするのです。
 


 皆さんが対峙する案件には俗に言うベスト・プラクティスに成り得るポジティブなものから、できれば勘弁願いたいようなネガティブなものもあるでしょう。立場が上がるとこのネガティブな案件をどのように対応するかにその人の器量が問われてきます。
 
 したがって、それぞれのレベルで自分がマネージャーなら?自分が部長職なら?自分が総支配人なら?という一段上の目線になって判断をしてみて下さい。
 
 上司との関係が良好な方はなぜそういった判断になったのかを実際の案件の結果に照らして質問してみるのもいいでしょう。その時に自分のとろうとしていた判断と再度、照らし合わせるのです。
 
 人間だれでも完璧な人はおらず、そもそも我々の世界には学校と違いこれという“答え”はないことがほとんどです。答えのないところに答えを探しにいく。それが必要です。そのつもりで考えておいて下さい。
 
 いつ皆さんに重責のポジションが回ってくるかは分かりません、機会はいつも突然です。
 
 
 

“そのつもりで” が成長を後押しする
 



 

福永 健司

福永 健司 プロフィール
週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE